もうすぐリオオリンピック~なるか12年振りの団体金メダル~

いよいよ2016年8月5日にリオオリンピックが開幕です!

a1e8aa1bc18652b848aa098370606ac6_m

体操好きの私の注目は、何と言っても体操男子の団体総合。

 

 

 

前回団体で金メダルを取った時のアテネオリンピックは、ちょうど大学生の時で、体操部の仲間たちを一人暮らしの自宅に呼んで、明け方にめっちゃ興奮したのを覚えています。

 

キーとなる選手は

前回のロンドンオリンピックで跳馬でケガをしてしまった、山室選手がキーとなる選手かなと予想しています。

 

おそらく鞍馬・つり輪・跳馬で演技する事が予想されますが、日本のウィークポイントであるつり輪でどこまで得点が稼げるか。

 

ライバルの中国はつり輪に強い選手が揃っているので、どこまで点差を縮められるかは、山室選手の出来栄えにかかってくるのではないでしょうか。

 

体操の得点について

体操と言えば「10点満点!」というのももはや過去の話。

 

2004年のアテネオリンピックの後に大幅なルール改正がなされ、2006年に10点満点のルールが廃止され、上限の得点がないルールになりました。

 

2016年現在のルールでは、

Dスコア・・・どれだけ難しい技を実施する事ができるか

Eスコア・・・どれでけ正確に技を実施するか

この2つのスコアの合計したものが選手の得点となります。

rule

 

Dスコアは技の難しさに応じた点数が加算されていくので、上限はありません。

 

一方Eスコアは10点満点からの減点方式で、欠点(ミス)があればあるほど得点が少なくなります。

 

そのため、どれだけ難しい技をたくさん実施しても、その出来栄え点であるEスコアが低いと、高得点は望めません。

tokuten

 

日本の選手はこのEスコアの得点がとても高いという特徴があり、世界的に見ても「日本の体操は美しい」と言われています。

 

テレビなどで観戦の際は、是非こういったDスコアとEスコアも注目してみて下さい!!

 


もうすぐリオオリンピック~なるか12年振りの団体金メダル~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です